20歳未満では

20歳未満20歳未満では、障害年金は受給できないのでしょうか。障害年金は、初めて医療機関にて診察、治療を受けた日の初診日に20歳以上の方を対象とした年金となりますが、20歳未満の方の場合には、二十歳前傷病での請求になります。例えば、20歳よりも前に、先天性障害等の疾病がある場合には、国民年金を納付する20歳を過ぎていないため、納付する義務が発生しません。ですが、二十歳前疾病の制度を利用することによって、障害年金を受給することができます。この請求は、二十歳前疾病による障害基礎年金請求と呼ばれますが、保険料を納付していない場合には、所得に制限がかかり、受給が難しくなる場合があります。

続いて、初診日に、厚生年金に加入していた場合についてですが、20歳未満でも、初診日に厚生年金に加入していれば、障害厚生年金を請求することができます。が、受給の対象は、障害等級は3級以上となっており、4級以下となった場合には請求することができません。また、日本国内に住所がない、住んでいない場合にも、請求することはできません。

ちなみに、障害年金を受給する上で、医療機関に足を運び、診察、治療を受けた初診日という日は、もっとも重要な要素になり、申請する際には、その初診日を正確に記載し、立証しなければなりません。